MaTeS – Tenis.

160307a

MaTeS の Tenis が入荷しました。

ワンランク上のローテク・レザースニーカー、マテスのテニス。
昨秋の入荷以来、好評です。

 

160307b

160307c

160307d

少し前から完売状態でしたが、春夏シーズンの分として発注していた分がいいタイミングで届きました。

MaTeS – Tenis
col : White
size : 41 / 42 / 43 / 44
price : 25,000 (+tax)

 

やはりオールドテイストのテニスシューズはいいですね。
MaTes や spring court でヨーロピアン・クラシックなスニーカースタイルを!

 

LINEで送る

ARMEN – Cotton Work Coat.

160306i

ARMEN の新作コートが入荷しています。

ちょっと遅れてやきもきしていましたが、この土曜日に届いて早速店頭で好評です。
もうそろそろ準備しておきたい春コート、この春おすすめのコットンコートです。

 

160306g

後染めと言うこと以外は、かなりオーソドックスなステンカラーコートと言っていいでしょう。
大きく目を惹くポイントが特にないので、なんてことないコートだと思われる心配がありますが、実際はすごく、いいコートです。

襟の大きさから広がり方、思いの外すっきりしているアームホール、細すぎず太すぎずのAラインのボリューム感など、すごくセンが言いといいますか、けなすところのないバランスの好さを感じるコートで、僕としては多くの人に自信をもっておすすめできると思っています。

これはいい・・・、と静かにニヤリとするような、渋い魅力というタイプのアイテムではないかと思います。

 

160306a

160306h

160306b

後染めのせいなのか、表面にほんの微かに起毛感を感じるのですが、それがしっとりといい感じ。 シャツよりは厚く、ジャケットやコートとしては薄め、でも目詰まりでしっかり、というコットンポプリン生地の一重仕立てとなります。

製品染めということで、洗いざらしのような風合いで仕上がっていて、これをもってして 『ワークコート』 と呼ぶようなカジュアルなコートという印象になっています。
ARMEN の製品は、ラブルールやオートルフォアのように、リアルなワークウェアだったり、またそれをアレンジしたものではなく、しっかりファッションアイテムとしてゼロからデザインされ、パターンが引かれていますので、素材や加工も含め、すべては偶然の産物ではなく、きちんと狙って仕上げられています。
故の、このバランスの好さなのです。

 

160306d

160306f

一見するとナチュラルテイストな印象ですが、本質はかなりしっかりオーセンティックというのが ARMEN の特徴であり、またその点が僕が気に入っている一番の理由です。
このコートもまさにそういった性質のARMEN らしいアイテムではないかと思います。

基本はワークウェアをベースにしていますので、テイストはカジュアルです。日常のお洒落として調度よい力加減で、トラッド系やジャケパンスタイル以外なら、かなり幅広く取り入れていただけるはずなので、ご来店の際には是非試していただき、なるほど、こういうことかと感じていただきたいと思っています。

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 29,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

3月8日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、3月9日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

spring court – G2 Canvas.

160305k

spring court のキャンバススニーカーが入荷しました。

Fuzz においては春夏シーズンの恒例、いくつかある重要メンバーのひとつです。
入荷時期が不安定で有名ですが、今年はたいへん優秀でした。

●spring court
1936年創業のフランスのシューズブランド。
フランスではじめてテニスシューズというかたちでスニーカーを開発したブランドです。
ブランド名の由来は当時 spring court をはじめて履いてテニスをした人々に 「スプリングのきいた靴でコートの中をピョンピョン飛び跳ねる様だ 」 と言われたことから。
現在ではファッションの分野で幅広い層に支持され、世界中で広く愛されています。
ジョン・レノンやセルジュ・ゲンズブールなど、ファッション感度の高い ミュージシャン、アーティスト達が愛用していたというのも有名なエピソードです。

 

160305a

生産国(製造工場)が変わったり、輸入代理店が変わったり、仕様が変わったり、いろいろありながらもなんだかんだで続いています。
変化を積み重ねてはいるのですが、印象としてはクラシックなコアの部分がしっかり不変であると感じさせてくれていますので、やはりたいしたもんだ、と思います。

今年は昨年と大きく変更点はありませんが、ヒールのプリントが無くなっています。

 

160305c

160305i

160305h

160305j

今シーズンは4色揃えました。
ホワイト、ブラック、ネイビーと3大定番色、プラス、シーズンカラーのスレート(やや濃いグレー)というメンバーとなります。

 

160305e

160305d

インソールの下に小さいフランス人が待機していて、蒸れた空気を息で外に吹き出してくれる仕組みを採用しています。昔ながらのアナログなベンチレーションシステムです。

spring court – G2 Canvas
col : White / Black / Navy / Slate
size : 40 / 41 / 42 / 43 / 44
price : 10,000 (+tax)

 

世の中にキャンバススニーカーはいくらでもありますが、spring cort ほど独自のポジションを確立しているものもそうないような気がします。

converse はバスケットシューズがルーツですが、spring cort はテニスシューズです。他にもデッキシューズをルーツにしていたり、同じキャンバスシューズと言えどもやはり根深い違いはあるもので、デザイン的な違いよりも背景の違いの方が大きいという特別なアイテムであると言えると思うのです。
そういう意味で、ルックス的なファッション観と合わせて、気質的なファッション観も大いに関わらせて選ぶと面白いと思います。

 

LINEで送る

FUJITO – Tote Bag, Record Bag.

160304a

FUJITO のバッグが入荷しました。

ブランドとしては毎シーズン定番的に展開しているアイテムですが、Fuzz では初。
モデルとしては定番ですが、生地と色は今シーズンの新作となります。

 

160304b

基本に忠実なトートバッグ。
ブランド定番トートとしては、これより大きいサイズがあるので、便宜上 『Mサイズ』 ということになっているようですが、それなりの大きさがあります。
一般的にはやや大きめの部類に入るミディアムサイズでしょう。

 

160304c

おもしろいのは素材づかい。クラフテル帆布と呼ばれる元々工業製品であるところの生地をつかっています。
基になるポリエステル地に塩化ビニールコーティングをかけたもので、防水性と耐久性に優れたタフな素材です。おそらくシートや幌などの用途に向けてというのが本来の目的とされるのでしょうが、これがとても上品に映ります。

デザイナー藤戸さんとしては、機能面よりもルックスの面白さに惹かれてのことですので、スペックよりもデザイン面の魅力を強調したいと思います。
このあたり、ファッションブランドとファクトリーブランドのアプローチの違いで面白いです。

 

160304e

160304f

160304j

160304h

トートバッグとしてはオーソドックスなスタイルで、実用的なつくりをしています。
また、レザーほどハードでなく、コットンキャンバスほどカジュアル感が強くない、という意外と無いところのバランス感で、意外とコーディネイトは幅広いと思います。
ということで、日々の相棒として充分活躍してくれるのではないでしょうか。

FUJITO – Tote Bag
col : Khaki
price : 14,500 (+tax)

 

160304q

こちらが同じ素材の “レコードバッグ”。
12インチ盤のジャケットがちょうど入る大きさで設定した、ユーティリティバッグです。

 

160304n

160304o

片面が前述のクラフテル帆布、片面がパラフィンコーティングのコットンキャンバス、表裏で素材を切り替えています。
どちらが表かは、持ち主が決めることにしましょう。

 

160304p

口の裏側に持ち手になるものが付いていて、グリップできます。
レコードを買って入れたらこう持ちます。

 

160304l

160304m

あるいは二つ折りにして、クラッチバッグとしてもいい感じです。
折り曲げる方向によって、また少しニュアンスも違ってくるようです。

小物を入れて、バッグ・イン・バッグとしても使えます。
その場合は、トートバッグと同じ素材で揃えて使う、というのも一興ではないかと。

FUJITO – Record Bag
col : Khaki
price : 6,500 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

spring court のスニーカーが本日届きました。
今季は、ホワイト、ブラック、ネイビー、スレート(やや濃いめのグレー系)の4色です。
明日か明後日か、ここでご紹介しますが、店頭には並べておきます。

 

それから、言い忘れていました。

祝、Jリーグ開幕!

 

LINEで送る

French Me – Nylon Back Pack.

160303p

新登場のバックパックです。
“French Me”、フランスのバッグ専業メーカーがこの春からスタートさせるブランドです。

 

160303m

●French Me
2016年春スタート、フランスのバッグメーカーが展開するバッグ専門ブランドです。
フランスにおけるバッグづくりの技術や伝統、ノウハウなどを後世に残そうという思いからブランドはスタートしました。

 

160303q

街づかいのカジュアルなバックパックとして、ちょうどよいバランスであろうと思ってセレクトしました。力んでいない感じの、フレンチのクラシック、&ポップ、というようなイメージです。

ナイロンのバックパックは今やいろいろありますが、このあたり、いろいろな意味で Fuzz らしいニュアンス、さじ加減のプロダクトではないかと思っています。

力まずに、気軽にホイっと使うような、デイリーアイテムとしていかがでしょうか。

 

160303n

160303o

160303h

160303a

160303g

160303d

160303f

160303c

160303l

160303k

サイズ的にはそれほど大きくなく、16リットル容量となります。
ナイロンキャンバスの本体に、ストラップはレザー製でクラシックな風情をプラスしています。アウトドアでもなく、ハイスペック・シティユースでもなく、適度な加減でデザインが入ったストリート仕様という感じでしょうか。

背のパッド、ストラップのワンタッチ開閉など、実使用の際にポイントの高い仕様も見られ、全体として好感度は高いです。
SAINT JAMES や Glacon のバスクシャツに合わせるリュックは、エルベ・シャプリエか、これ!

 

160303q

French Me – Nylon Back Pack
col : Black / Navy
price : 13,800 (+tax)

 

LINEで送る