New Arrivals.

160916b

FUJITO もようやく新シーズンがスタート。
新作のシャツが入荷してきました。

 

160916c

バンドカラーシャツとなりますが、ベースになっているデザインとかたちはこの前と同じです。
両胸のボタン付きのポケットがトレードマークとなっていて、背中に深めのインプリーツが入っています。
また、前回は襟に芯が入っていましたが、今回は入っていません。

 

160916d

今回も生地惚れ。かなり細かいストライプ織りの生地となっていて、これはコードレーンと言ってもいいと思います。
ストライプが細いのと、インディゴ系のネイビーと白の糸の組み合わせが遠目では微かな光沢となって映り、シャンブレーのようなニュアンスも感じます。
ワークっぽい印象ではありますが、ワークならではの粗野な感じはまったくなく、たいへん上品な雰囲気です。

ナチュラル成分、ハンサム成分、あるいはヴィンテージ成分など、いろいろな要素が独自にブレンドされたような、FUJITO ならではの味わいある一着です。

また、仕立ては佐賀・唐津のシャツ工房。シャツ専門の工房の手によるものということで、カジュアルなシャツとは言えキリリとした佇まいになるのも FUJITO シャツの大きな特徴です。

 

160916a

FUJITO – Band Collar Shirt
col : Navy Stripe
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

160917e

Fileuse d’Arvor からも新作が入荷。
定番展開しているニットバスクシャツと別型となる、こちらもニットベストです。

 

160917b

160917c

160917a

こちらはリブ編みではなくジャージー編み。Tシャツなどと同じ種類の編み立てとなります。

Tシャツなどと同じではありますが、そこはニット専業のブランド、これをニットの編み機で編み、ニットの厚みと柔らかさで仕上げるということです。

ベースはバスクシャツ、生地はニット、ということになるので、ごわごわコットンの伸縮のほとんど効かないバスクシャツと違って、滑らかでやわらかく、普通のバスクシャツをより上品にアップグレードしたような感じになります。

性質はニットだけど見た目はあまりニットに見えないし、、いやコットンでそれなりに厚みもあるからスウェットのような感覚とも遠くないかも、、という印象を受けました。
そうですね、デザイン的にはバスクシャツですが、アイテムの性能としてはスウェットに近いかもしれません。

 

160917g

160917f

こちらのモデルはボートネックでも前ぐりがやや深めでクルーネックに近いです。
また、カットソーとしては普通の大きさですが、素材がニットなので(しっかり伸縮性があり、洗濯縮みもないため)、表記に対して大きく感じます。定番でやっているヴィンテージリブのモデルと比べると、1サイズ分近く違うと思います。着方なども考慮に入れつつご注意ください。

Fileuse d’Arvor – Cotton Knit Basque Shirt
col : Navy / Ecru*Navy
size : S / M
price : 13,800 (+tax)

 

160918i

つづいて、Vincent et Mireille のモールスキンジャケット。
ストレッチの利いたコットンモールスキンのワークテーラードジャケットです。

 

160918g

160918d

160918h

多少のワーク的ディテールを備えた3つボタンのベーシックなジャケットです。
裏無しの一重(ひとえ)ということもあり、気さくに羽織れるタイプのジャケットと言っていいと思います。

160918j

160918k

イメージとしては、ユーティリティ・ジャケット。
どんな格好でも、『とりあえずこれ羽織ってしまうか』 と使ってしまえるタイプと言いますか。
あくまでカジュアルですが、カバーオール型よりもコーディネイトの幅は広く、使い勝手の好さが最大の魅力と言えるでしょう。

Vincent et Mireille – Moleskin Tailored Jacket
col : Navy / Olive
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る

GICIPI.

160915h

GICIPI のサーマルシャツが入荷しました。
新登場ブランドとなります、イタリアのカットソー専業ブランドです。

 

160915i

●GICIPI
1948年、ジチピ社はアンダーウェアファクトリーとして、イタリア・パドヴァで設立。ジチピ社では、生地のニッティング、縫製、洗い、出荷まで製造工程を一貫して自社で行っています。設立当時よりジチピ社の商品は生産にこだわり、現在も提供され続けています。

 

日本で流通するようになって、それなりの年月が経っていますので、僕も昔から知っていましたが、Fuzz では初めての登場となります。
これまでベーシックなカットソーといえば Pyjama Clothing にできる限り任せていたのですが、ここ最近になって、ピジャマは進化を進め、スタンダード・ベーシックの品番を減らして、よりデザインの凝ったモデルを増やすような流れとなっているようです。
デザイニングなピジャマも素晴らしいとは思いますが、定番ベーシックを減らされては Fuzz としては困りました。そこで白羽の矢を立てたのが、このイタリアの GICIPI です。

もはやイタリア国内では評価は定まっているようで、派手さはないものの、堅実で信用できるクオリティの製品を展開しています。
とりわけアンダーウェアを専門とするメーカーということなので、実は秋冬のインナー用カットソーで活躍してもらおうと目論んでいます。
実際はインナー向け製品だけを展開しているわけではなく、夏は夏で一枚で着ることができる製品もあります。

 

160915f

160915e

秋冬シーズンということもあり、ファーストチョイスはサーマルの長袖カットソーから。
これだけではないのですが、生産遅れがあったようで、残りは来月中旬くらいに入荷してくる予定です。

 

160915b

アメリカ系カットソーメーカーなら当たり前なのかもしれませんが、ヨーロッパ系を漁っていると実はなかなか目にしないサーマルシャツ。
ワッフル編みの生地は、なんとなく服好きの信頼が厚いような気がするのですが気のせいでしょうか。

 

160915a

立体感のある編み立てにより、生地内の空気の含有量を増やし、その分暖かいというのがサーマルシャツの暖かさの秘密です。当然ながら一般的なカットソーの生地に比べて肉厚となります。

 

160915g

160915c

縫い合わせ部分はフラットシーマで、また裾の始末は折り返しでなくロックをかけて、という感じで余計な部分に厚みがでないようにというアンダーウェアらしい配慮でつくられています。

シルエットも身体にフィットさせて着るタイトなものとなっていますので、使い方としてはやはりインナーづかいがメインになると思います。

 

160915d

GICIPI – Waffle Crew Neck Long slv.
col : Gringio Melange / Blu Melange
size : 3 / 4 / 5
price : 5,800 (+tax)

 

GICIPI は “アンダーウェア専門のカットソーファクトリー” ということで、他のメーカーでは真似できないこともけっこうあるようです。
今後の展開も是非お楽しみにしていただきたいと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160912b

arbre より、定番のスラックスが入荷してきました。
旧型は惜しまれつつ終了の運びとなり、今回からスリムフィット型のみの展開となります。

 

160912c

ここまで例年、秋冬はウールフラノが定番という位置づけでしたが、今年はやや趣を異にして、目の細かいサージとなりました。
こちらは表面がつるりとしていて、トロピカルウールをもう少し打ち込んで厚くしたような感じ。薄からず厚からずで、春夏とか秋冬でなく、『通年』 というイメージの地厚です。

 

160912e

160912d

色も定番的なミディアムグレーとチャコールグレーの2色となります。
スラックスとしては鉄壁の定番色で、ありきたりとかつまらないとかいう文句を吹き飛ばすほどの間違いなさであると思います。

 

160912f

160912g

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的な、、、

このくだり、前回も言いました。笑

普段からジャケパンをやる人には余計な説明は不要でしょうが、普段そうでもない、カジュアル志向の人にも是非取り入れていただきたいアイテムです。
具体的には、スプリングコートやスタン・スミスなどのテニスシューズ系スニーカーと合わせたり、ラブルールのカバーオールと合わせていただきたい、というのが前々からこっそり奨励している着合わせです。
ベーシックなアイテムを小突きまわして楽しみましょう。

 

160912a

arbre – New Basic Trousers *Serge
col : Grey / Charcoal Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

160914b

SOUTIENCOL の新作シャツも1型届いています。

San Francisco のモデルで、Thomas Mason のブロード、ブラウンギンガムです。
ブラウンのギンガムチェックは僕も所有していますが、ネイビー系のジャケットやボトムと色合わせのバランスが好いので重宝しています。
すごく上品なコーディネイトをつくれる色柄ではないでしょうか。

 

160914a

160914c

SOUTIENCOL – San Francisco *Thomas Mason Gingham
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160913c

Ordinary fits からはこちらも定番、Swing Parka が入荷しています。

コットンタイプライターという軽めの生地によるライトアウターということで、今時分の端境期に活躍してくれる優れものです。
今シーズンはインクとベージュの2色をセレクトしました。

 

160913a

160913b

ややふんわりとしたシルエットで、シャツとそう変わらないくらいのウエイトのジャケットです。
気取らないラフなスタイルで簡単に合わせてしまえるジャケットは、意外と困ったりするポイントだったりするもので、このジャケットが生き残る訳がなるほどと分かります。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Beige / Ink
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

入荷の方も、お客さんたちの方も、だいぶ勢いが出てきて、忙しくなってきました。
そのためオンラインショップへの商品掲載がちょっと遅れてしまっていますが、おっつけやっていきますのでお許しください。

天候の方がなかなかですが、週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

Oliver Spencer.

160911h

Oliver Spencer の新作が入荷しました。
楽しみにしていたみなさん、お待たせしました!

 

160911t

Oliver Spencer の16年秋冬コレクション、昨年にも増してシックな雰囲気となっています。

デザインに華がありながらもクールな大人っぽさが芯にあり、どこか知的で都会的な匂いのするロンドンのブランド。自分で書いておきながら、この説明だけでも格好いい。
背後にロンドンの歴史や街並、カルチャーの気配がしっかりと感じられ、臆すことなく正面から 『かっこいいな』 と言えてしまうポジティヴなニュアンスをまとった品々であると僕は感じています。

建築というジャンルが大好きな Oliver のコレクションは、実は毎シーズン、マニアックな建築絡みのテーマを掲げています。
そう言われると Oliver の世界観には、どことなくそういう気配が感じられるかも、と納得する人もいるかと思います。

トータルブランドの膨大なコレクションの中のごく一部しか展開することができませんが、今シーズンも期待を裏切らないセレクトになっていると思います。
今回は第一弾としてシャツとジャケット、秋から使えるコート。
来月にニットと冬のコートをご紹介する予定です。

 

160911a

シャツは3型。
すべて違うモデルで、襟型がそれぞれ異なり、すべて起毛感のあるファブリックとなっています。

Fuzz としては、シンプル・ベーシック・トラッドのシャツは他でも素晴らしいブランドがありますので、せっかくのデザイナーズのブランドということで、デザイン性やシーズン性が豊かなものをセレクトしています。

 

160911b

160911c

Oliver Spencer – Grandad Shirt
col : Woburn Oatmeal
size : 14H / 15 / 15H /16
price : 16,000 (+tax)

 

160911e

160911d

Oliver Spencer – New York Special Shirt
col : Brunel Green
size : 14H / 15 / 15H
price : 16,000 (+tax)

 

160911f

160911g

Oliver Spencer – Eton Collar Shirt
col : Dower Navy
size : 14H / 15 / 15H
price : 19,000 (+tax)

 

いずれも単体でいけて、ジャケットのインでも映える、というもの。
トラッド系とは違ったニュアンスの、堅くないカジュアルなシャツです。

 

160911i

アウターの第一弾は、2シーズン続けてセレクトしたためにちょっと有名になってきた Bufflo Jacket、3シーズン目。

今季のファブリックはなんとベルベットです。
ショート丈ジャケットにベルベットとはなかなか意外なイメージ。雰囲気が出すぎてしまいがちなベルベットを嫌味なく。

160911k

 

160911j

Oliver Spencer – Buffalo Jacket
col : Dk.Navy
size : 36 / 38 / 40
price : 52,000 (+tax)

 

160911n

新登場モデルの Bolt Mac。
ウォータープルーフのコットン生地によるステンカラーのマックコートです。

淡く、上品な色合いが◎で、シンプルなデザインなのに “らしさ” を感じるのが不思議です。

 

160911l

160911m

Oliver Spencer – Bolt Mac
col : Lawford Stone
size : 36 / 38 / 40
price : 58,000 (+tax)

 

160911q

ややミリタリーのニュアンスを効かせたフーデッドコート。
暗いオリーブカラーがやはりいい感じです。

 

160911p

着方によっては全然ミリタリーではない感じでもいけますし、着こなしの幅のある面白いコートであると思います。
ややもすると男臭くなりがちなタイプですが、普通に上品に着れます。

 

160911o

160911r

Oliver Spencer – Sleaford Parka
col : Arniston Dark Olive
size : 36 / 38 / 40
price : 62,000 (+tax)

 

『逆に』 とか、揶揄とかでなく、素直に 『かっこいいなぁ』 と言える Oliver の服、いかがでしょうか。いかにも健全にテンションが上がり、ワクワクして、ファッションの楽しさを感じます。

秋、来たり、ですよ!

 

LINEで送る