Yarmo – Drivers Jacket.

160808j

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
今シーズンはシンプルにコットンサージの生地で、よりユーティリティなアイテムとしてのアプローチとなっています。
本来の “ワークウェア” というルーツからの、デイリーカジュアルにおけるユーティリティ・ジャケット。 インパクトよりも、実際的にこれ着ることになるぞ、という第一印象です。

 

160808d

一つトピック。ブランドとしての新しい試みが見られます。

今シーズンからブランド内で新たに “CC41” というラインを設け、実際のCC41のコンセプトに沿った、シンプルで無駄のない、ユーティリティなアイテムをラインナップする、ということです。

CC41 に関しては、既にご存知と思いますが、簡単に触れておきましょう。

CC41 とは・・・
1941年より約10年間、戦下のイギリスにおいて倹約のための生産統制が実施されました。政府が設けた厳しい基準を通過した製品には、その証として CC41 のラベルを付し、無駄な装飾のない簡素な品々をつくり、身につけることを奨励しました。
“CC” は “Cotrolled Commodity” の略。

古着フリークの間ではかなり有名なマークとなっていて、このラベルのついた実際のヴィンテージアイテムは今ではかなり貴重なものと言って間違いないでしょう。
その価値は、ただ年代(古さ)を実証し、また数的に希少というだけでなく、規制下でつくられた入魂のプロダクトであるという性格もあるということがポイントです。

今回、このロゴを Yarmo の方でしっかり商標登録をして展開する念の入れようです。

 

160808i

ということで、今回からいつものドライバーズジャケットは Yarmo の “CC41コレクション” の一員となりました。
かたちや仕様などはそのままで、実質面では変わりありませんが、何か気分を高めてくれるトピックになっているのではないかと思います。

 

160808c

160808f

そして CC41コレクションとしてのスタートとして相応しく、非常にシンプルで潔い、コットンサージが今回のファブリックとなっています。

この生地は、ヴィンテージの英軍ジャケットなどの気配を帯びた、独特の雰囲気があるように思います。特にこの chestnut (茶ベージュ)の方は、実際にイギリスの40年代もののミリタリーやワークのウェアで目にすることのある色味、質感ですので、実際の CC41 の年代の製品としっかりマッチしているのです。

 

160808e

イギリス的、ヴィンテージの気配、ユーティリティ。
一見シンプルなジャケットの中に、アイテムとして魅力的な要素が隠れているというのが大きな魅力になっていて、この分かりにくい気配を感じていただけたらブランドさんの方も本望ではないでしょうか。

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Chestnut / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

僕としてもなかなか我慢ができず、先に買っております。
未洗い状態なので水洗いをしてみたら、着丈が2センチくらい縮んでいました。
ご参考までに。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160807g

久しぶりの登場となります、Aeshane のシルクストール。
インドの手織り、手刷りのテキスタイルメーカーです。

 

160807h

インドの民族衣装のサリーを連想する独特な発色と色づかいのセンス。
実際にサリーをつくっている職人が手がけているとのことで、ファブリックとしてはほとんど同じようなものでしょう。

 

160807a

160807d

160807b

160807c

160807f

色味と発色、また色の組み合わせに日本のものではない、“異” な薫りがすると思います。
その異なニュアンスを、アクセントとして楽しんでみましょうというアイテムです。

もともと異物が好物の人には大きなお世話かもしれませんが、コーディネイトのバランスが好すぎてかえってつまらなくなってしまったりという時などに、違う薫りの風を入れるという感覚で混入してみてはいかがでしょうと思う次第です。

Aeshane – Silk Scarf
col : Black / Multi Color
price : 11,000 (+tax)

 

160806e

Vas-y Lentement のバンドカラーシャツは秋冬も継続です。
オーガニックコットンのブロード生地で、今回はホワイトに加えてネイビーとブラックの3色展開となります。

 

160806d

160806c

160806b

こちらは日本のブランドとなりますが、生産拠点はインドです。
フランスやイギリスのメーカーをハンドリングしているインポート系の商社の手による運営ですので、海外メーカーの生産背景を利用しつつ、どちらかというと日本というよりも洋の薫りの強いプロダクトになっていると思います。
シンプルだけど、どことなく雰囲気が “ドメスティック” ではないなという。

インド製の生地をそのまま現地で縫えるという利点によって、プライスの面でも好感が持てます。

Vas-y Lentement – Organic Cotton Band Collar Shirt
col : White / Navy / Black
size : S / M
price : 12,000 (+tax)

 

160805g

Charpentier de Vaisseau からは長袖(九分袖)のボートネックTeeが新入荷。

いわゆる SAINT JAMES のウェッソンのような厚手のガシガシコットンではなく、普通のTシャツの地厚です。半袖のボーダーTee同様、ストレッチを利かせたコットン生地となります。

ちょっとゆったりめのシルエットなので、リラックスシルエットで腕まくりなどして、というイメージ。

 

160805h

160805e

160805b

160805d

探してみると意外と無かったボートネックのロンTee です。ウェッソンではちょっと暑いという時期にいかがでしょう。

Charpentier de Vaisseau – Boat Neck 9/10 slv.
col : Black*White / Navy*Beige
size : 1 / 2 / 3
price : 7,800 (+tax)

 

160809d

SOUTIENCOL からは間違いないタイプのシャツ2型。

おなじみの定番、Thomas Mason OX のホワイト、同じく Thomas Mason のコットンブロードのスモールギンガム、どちらも IVY LEAGUE のかたちです。

 

160809f

160809g

160809e

微かに光沢する品の好いオックスフォード生地は、洋服なんて興味なしの人が見ても 『いい生地』 と判るレベルのいい生地です。

特にシンプルスタイル派のみなさんには絶対的におすすめです。
普通の恰好で普通に着て、しっかり良さが味わえ、現れるからであります。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160809c

ブロード生地でスモールギンガムのネイビー。これも定番とかベーシックとかという括りに入れていいと思います。

 

160809a

160809b

無地のジャケットやニット、果てはウェッソンまで、単色チェックと無地アイテムとの組み合わせは上品にまとまるので外せません。

地味かもしれませんが、持っていて絶対に損はしないというタイプのアイテムですね。

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Thomas Mason Small Gingham 
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Season Start.

160811

Fuzz、というより僕の、3日間の夏休みを終え、本日より新しいシーズンのスタートとさせていただきます。2016年秋冬シーズンです。

まだまだ暑いですが、次々と新作商品が届く時期となりました。来たる秋に向けたお店づくりを進めていこうと思います。

新作のいくつかはオンラインショップへアップしています。
ここでの個別の紹介は、明日以降順次。

この秋冬もしっかり仕込んでいますので、どうかお楽しみに!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

連休ということで通販の方でご迷惑をおかけすることになり、ご理解とご協力をいただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

LINEで送る

Information.

●夏季休業のおしらせ

下記3日間を夏季休暇として休業させていただきます。

8月16日(火)・17日(水)・18日(木)

実店舗、通販業務共にお休みとなります。
前夜から期間中のお問い合わせやご注文の対応は19日(金)とさせていただきます。
恐縮ではございますが宜しくお願い申し上げます。

*休み明け19日より、秋シーズンの本格的なスタートとなりますので、是非とも店舗並びに当ブログを訪れてみてください!

LINEで送る

Arrow Footwear – Plain Toe, Long Wing.

160804a

ようやく届きました、Arrow Footwear の新作です。

丸々半年遅れとなりました、Arrow Footwear 第2弾の入荷となります。
今回は黒靴2型でご用意しました。

 

160804b

お問い合わせいただいた方々にアナウンスしていた内容と若干異なっているのは、ちょっとした指定が通らなかったという事情に加えて、僕の勘違いも重なっておりまして、申し訳なかったですが、届いてしまえばもうこれです。

イギリス靴らしいクラシックな薫りを大切にして、奇をてらわず、ベーシックな範囲でバリエーションを増やしていこうと思います。

 

160804d

まずはプレーントゥ。
グレインレザーのブラックに、レザーソールを合わせました。
武骨とエレガント、両方を狙ったクラシック・シューズというイメージです。

実用面を考慮すると後まわしにされがちですが、やはり最も “スタイル” を感じるされるのはレザーソールで間違いないでしょう。
革靴に本気に取り組むなら、是非レザーソールのシューズも履いていただきたい。

Arrow Footwear – Plain Toe Derby Shoes
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 43,800 (+tax)

 

160804f

もう一つは、ロングウィングチップのブローグシューズ。
カーフのスムースとグレインレザーとの素材の切り替えを同色でしています。
これにミリタリーソールを合わせ、クラシックなカントリーシューズのようなイメージです。より武骨な印象となり、ワーク系やアウトドア系との相性はかなりのものではないでしょうか。

Arrow Footwear – Long Wing Derby Shoes
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 49,800 (+tax)

 

160804c

いずれにしても、ベースは古い時代のイギリス軍のオフィサーシューズです。
ややぼってりしてボリューム感があり、カジュアルなコーディネイトに取り入れやすいことが大きな魅力であろうと思います。

一定のドレス感ありつつのごてっとしたこの感じは、日本の靴やアメリカの靴には無い類の独特なニュアンスです。シンプルでありながらもこういったニュアンスがしっかりと備わり、確かな存在感を持っているというのが魅力の本質なのだと思います。

期待していただていた方々、是非一度お手にとってみてください!

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

オリンピック、甲子園、夏フェスなど、いろいろと盛り上がっていますが、ぼちぼちお盆ですね。
夏休みに入ったという人も多いと思いますが、暑さに負けずに夏を満喫できているでしょうか。

どうでもいい話の続報ですが、以前にここで話したトマト、無事実をつけました。

160804g

種を蒔いたのが遅かったので収穫の時期も遅れてしまいましたが、ようやく食することができました。(しっかり甘かった!)
同じく種から育てた大葉も、沢山の葉を茂らせ、毎日収穫して食べきれない状態です。

閉口するのは、水やりで蚊にさされること、バッタが葉を食べまくること、イモムシのような虫も葉を食べまくること。
とにかく暑くなって以降、さまざまな虫と遭遇し、憎み合う関係となりました。

いやいや、大変だけど面白い。

Fuzz は来週の16日(火)~18日(木)の3日間、夏休みの連休となりますので、ご来店、あるいは通販の際にはご注意いただけますようお願い致します。

LINEで送る