FUJITO – Hood Coat.

160207a

FUJITO の春夏シーズン新作、”Hood Coat” が入荷しました。
軽く、爽やかな素材感のスタイリッシュなスプリングコートです。

 

160207k

“フード・コート” は、取り外しができるフードを備えた一重のステンカラーコートです。
こちらはブランドの定番アイテムとして、マイナーチェンジをしたり、シーズンによって素材を替えて継続しているモデルとなります。

フードを外してややトラッド風にキメられて、フードを付ければやわらかなニュアンスでカジュアルに着られるというコートです。

 

160207g

160207j

160207e

160207l

160207d

160207i

160207c

素材はナイロン100%でテフロン加工が施されて撥水性を高めたものとなります。
また、表面を微かに起毛させており、ナイロン特有の光沢を排して独特の表情をつくりだしています。

ナイロンで地厚も薄めなので非常に軽く、春のコートとしての軽快さ、爽やかさを備えています。色合いと素材感の妙が充分に感じられ、FUJITO服らしいスタイリッシュさをベースにしつつの味わい深さがあると思いますがいかがでしょうか?

 

160207n

レインコートとしても実用的な威力を発揮するコートです。
いろいろな角度から見て、渋い!

FUJITO – Hood Coat
col : Khaki
size : S / M / L
price : 37,000 (+tax)

 

LINEで送る

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt.

160206f

Fileuse d’Arvor のコットンニットのバスクシャツが入荷しました。

ここ数年来の恒例と言っていいでしょう、春からのコットンニットの先陣をきるのが毎年この Fileuse d’Arvor のバスクシャツタイプのニットなのです。

 

160206e

160206c

元々は、ブランドが納入メーカーとしてフランス海軍に支給していたユニフォームとまったく同型、同素材のリブニットによるマリンニットとなります。
タイトめのシルエットはそのため(軍用のため)ですが、生地はやわらかく伸縮しますので、まったく締め付け感は無く、無理なく自然に身体にフィットすることで、シルエットの好さと着心地の好さを両立しています。

“Vintage Rib” と名付けられた生地は、旧式の編み機によって複雑な組成で編み立てられたタフなニット地です。通常より糸のかかりが多い編み立てのため、型崩れも最小限に抑えられる上質な生地なのです。

 

160206b

160206d

特にインポートのファクトリーを支持するような通好みの層からの評価が高いのが展開をはじめてから一貫しています。
トレンドよりも品質と機能性に重きを置くシビアな視点を持つみなさんに支持され、派手さはないものの、ひっそりとロングセラーを続けているモデルであります。

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt
col : Marine*Ecru / Charcoal
size : S / M
price : 13,800 (+tax)

 

まだ一番寒い時期のうちに入るのでしょうが、陽は延びて、花粉も舞いはじめ、春が近いというサインも徐々に出始めました。
寒気を体感するのとはまた別の感覚で、季節の変わり目を感じはじめる時期にさしかかり、ならば着るものにも何か変化を与えたいというような気分も芽生えてくることでしょう。

新作入荷もようやく濃くなってきましたので、明日の定休日明けから本格的に春シーズンをスタートしたいと思います。

と言っても、展示会と発注作業に追われる状態にもなっていますので、ゆっくりにはなりそうです。冬ものと春ものと、徐々に入れ替えていきますので、ちょくちょくチェックしてみてください。

 

LINEで送る

SAINT JAMES – Cotton Cardigan.

160204f

久しぶりの入荷です、SAINT JAMES のコットンカーディガン。
ずいぶん昔から展開している間違いないベーシックアイテムです。

 

160204d

コットン100%素材のフライス生地(リブ編み)は、横方向に柔らかく伸縮するため、着た時のストレスの無さに定評があります。
自然に無理なく伸びるので、着た時に少し襟のまわりを整えてあげる必要がありますが、着てしまえば動きやすいことこの上なしです。

そういう特性から、『オフィス専用』 という使い方をしているということも聞きますし、スーツからカジュアルまで、シンプルベーシックアイテムならではの幅の広さで活躍してくれるはずです。

 

160204h

160204a

160204g

2サイズ展開、 T40 でS/M、T42 で M/L、というイメージです。
前述の通り、無理なく伸びるため、適応幅は普通より広いと思います。

SAINT JAMES – Cotton Cardigan
col : Acier / Navy / Noir
size : T40 / T42
price : 11,000 (+tax)

 

Fuzz では、コットンカーディガンとしては、他に Pyjama Clothing のものを定番的に展開していますが、生地そのものの違いやVゾーンの広さやシルエット、発色など、けっこう別物という感じです。
どちらの良さもあるので、是非合わせてお試しいただけたらと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

160201a

Au Garcons の新作ジャケットが届いています。
このブランドとしては珍しく感じます、ナイロン100%の軽い素材での春ジャケットとなります。

 

160201e

160201d

160201f

光沢感がないとは言いませんが、一般的に想像するようなつるっとした表面のナイロン地ではありません。
洗いがかかっているということもあり、表面はパッカリングのような状態で表情があり、遠目にはナイロン素材には見えないかもしれません。

春向けのジャケットということで、イメージ的に軽快な質感であることも重要であると思います。
実際には春と秋と使うことになると思いますが、もうしばらく長い冬を過ごした後に、だんだんと着ている服が重たかったり、起毛のモコモコに辟易してきたところで、『春の軽さ』 が眩しく見えるのではないでしょうか。

着てみると、実際に軽いです。

 

160201b

160201c

テーラードジャケット型ですが、ワークベースのためVゾーンは狭め、大きな特徴として、かなり細身のシルエットで仕上げています。
胸まわりがタイトで、すっきりラインになっています。

春と言っても、気分は爽やか、けど実際はけっこう寒い、という時期が長いですから、この上からコットンのコートを羽織るようなイメージがあるといいかもしれません。

ラフに羽織れる一重のジャケットは応用が利きますので、持っていると重宝するアイテムです。

Au Garcons – Nylon Work Jacket
col : Navy
size : S / M / L
price : 25,000 (+tax)

 

160203a

Peter Storm のナイロンアノラックも継続展開です。
ブラックとオリーブが今シーズン分として入荷しました。

 

160203b

160203c

レインジャケットとしてパッカブルの仕様です。
アームホールなど大きく、昔ながらのもっさりシルエットではありますが、ツール系アイテムということで、あえてこれでいいと思います。

ファッション的な観点からは、『かっこいいばかりがかっこいいわけではない!』 というイメージを持って、うまく活用してください。

Peter Storm – Packable Nylon Anorak
col : Black / Olive
size : XS / S / M
price : 9,800 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

各ブランド、各インポーターさんから、次のシーズンの展示会の案内が届きはじめ、開店前の時間にウロウロと動きまわるようになりました。
何よりも品々をじっくり見たいのと、担当の営業さんやブランドのボスともしっかりお話をしておきたいということもあり、平日の開店時間13時に間に合わないことも増えそうです。
できるだけ事前に告知しますので、早めの時間帯にご来店しようとされる場合には、ご来店前にこのブログをチェックするなど少しご注意いただけましたら幸いです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

自分でも驚くくらい、清原のニュースはショックでした。
今はどうということもなくなってきましたが、夜に速報が流れた時、どうしてこれほど悲しいのか不思議なくらいでした。

僕が特別に清原に思い入れていたわけではないですが、70年代生まれの野球人はみんなこんな気持ちになるのかもしれないなと思いました。

そうか、SMAPのファンはこんな気持ちだったのか。
解散といけない薬とはだいぶ違いますが、なんとなく質的に同じような感じではないでしょうか。
ベッキーの件はまたぜんぜん違うと思いますが。

ちなみにですが、僕が一番好きな(だった)野球選手は、野茂です。
今だったら、ヤクルト小川。なぜなら、神宮の杜を歩いていたら、ランニング中の小川選手とすれ違ったからです。それだけで親近感が湧き、なにか友達のような気がしてきて、徐々にエスカレートして、今では僕の中でだけは年の離れた弟です。
今年こそは彼の登板日に神宮球場に駆けつけたいと思っています。

そうか、SMAPの追っかけファンはこんな気持ちだったのか。

 

LINEで送る

Watches – ORIENT, CITIZEN.

160202a

新たに腕時計が入荷しています。
今回は、ORIENT と CITIZEN の現行逆輸入品番です。

 

160202b

ORIENT の角型は長方形のアナログクォーツ、2色の展開。
形状もそうですが、文字盤のデザインとも相まって、クラシックあるいはややゴシックな雰囲気です。
ちょっとひねりが利いている、という感じがしないでしょうか?

 

160202f

160202e

160202c

160202d

ケースは大きからず、小さからずのサイズ感で、ベルト幅がそれなりにしっかりあるので、華奢ではなく、メンズのバランスです。

ORIENT – Square
col : Silver / Black
price : 16,000 (+tax)

 

160202h

こちらは以前に販売したこともあります、CITIZEN の Dual Time というモデル。
前回入荷したものと同モデルですが、違うカラーとなります。

 

160202i

160202g

一つの文字盤に二つの時計が備わっています。
やや大きめのケースと、スモセコまで入った入り組んだデザインで存在感は抜群です。

デザイン的な面白さがまずありますが、国をまたいだ仕事や恋愛をしている人には実際に機能的ではないでしょうか?

CITIZEN – Dual Time
col : Gold
price : 24,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

4日(木)は店舗の営業を 14時スタートとさせていただきます。
Oliver Spencer の2016年秋冬展示会に行ってきます!

 

LINEで送る