Dear My Friend.

151113b

当店では今年で3シーズン目を迎えることになった Blundstone のサイドゴアブーツたち。
この時期にきて急に手に取ってもらうことが増え、購入される人も徐々に増えてきた。

 

151113e

 

こいつに関しては、『どうやって合わせますか?』 という質問は、ややナンセンスに聞こえる。
なぜなら、スタイルよりも機能性、実用性の方が先にくるアイテムであり、ファッションアイテムではない 『ツール』 という意味合いが強いからだ。

よく言われる 『ツール』 というものの意味としては、『お洒落を一義的な目的としたプロダクトではなく、別のある任務を帯びた道具である』 ということだ。
これをファッションのフィールドに取り入れて愛でることが楽しいわけである。

『ツール』 のアイテムに関しては、自らはそこから動かず、手を伸ばして自らのスタイルに取り込むというスタイルで接するということが大切になってくる。

デザインされたファッションアイテムは、デザインが君を呼ぶ。
逆にツールアイテムに関しては、君の方からそれを呼ぶ必要がある。

具体的なスタイリングが恰好良いわけではなく、そのアイテムが彼の生活の中で機能し、ついでにファッション的な役割も果たしてしまった時にはじめて、そのアイテムは他に比べるものがない種類の輝きを放つのである。

 

streetfsn by Nam

 

ある人は街を歩きまわる機会が多く、疲れにくいブーツを必要として履いた。

ある人は雪の多い地域に住み、ゴム製のレインブーツよりも見栄えが好く蒸れにくいという理由でこれを履いた。

ある人は休日のたびに小さなお子さんと公園で遊ぶために、汚れに強くてフットワークもよいという理由でこれを履いた。

 

下の2枚の写真は、実際に一昨年に購入されたお客さんが、『履きまくっている』 ということだったので、写真に撮って送ってくださいとお願いしていただいたものである。
ライフワークとして写真を撮っているということを以前から聞いていたので、ちょっと本気でお願いしてみたら、先日送っていただけた。

 

151113c

151113a

 

彼の場合は、常日頃カメラを抱えてアクティブに動きまわるために、このブーツの勝手の好さが不可欠になっていき、相棒として日々を共に過ごしたというわけである。

経年変化、エイジング。
汚ければ恰好よい、ボロくなっているから味がある、そういうことではない。
それはそういう状態になったそのもの自体に価値があるのではなく、その裏にある、そうなるまで使い込んだ愛着に対する敬意、そうなるまで長く使うことへの憧れや羨望、そういうものが魅力の本質である。

デニムにしても、リアルのミリタリーやワークアイテムに関してもまったく同じことが言えるであろう。

 

というわけで、ブランドストーン。
これは恰好いいのか?ダサイのか? と戸惑いながら、なんとなく惹かれていた人に多少のヒントになることを祈ろう。

友へ、店主より

 

・ ・ ・ ・ ・

 

この履きこんだブランドストーンの写真、そうやって履いている人のなんとなくの生活感と愛着が感じられる写真でいいでしょう?

彼、三好さんがどういう写真を撮っているかと気になった写真好き、カメラ好き、まは本当のプロの人のために、彼の記録ブログへのアクセスの許可を取っておきましたので、ご覧になってみてください。
遊びにせよ本気にせよ、写真を撮っている人には何かしらの刺激になるのではないかと思います。
本人はまだ人に見せるには、、と思ったそうですが、でもその先を見ているようで、自分に緊張を強いる方に意味がありそうだということでした。

http://firewaltz120.blogspot.jp/p/blog-page.html?m=0

三好さん、ご協力ありがとう!

 

LINEで送る

Johnstons of Elgin – Wool Cashmere Scarf, Muffler.

151112i

Johnstons of Elgin のスカーフ、マフラー達が届いています。

今年も色合いの美しさ、コーディネイト的な色合わせのしやすさなど、せっかくの Johnstons なら、、という観点でより厳しい目で選んできました。

それぞれ、素晴らしいです。

 

151112a

高品質ウール 『エクストラファインメリノ』 のシリーズで、“らしい” チェック柄スカーフ。
質感と色味の上質さからくる上品なチェック柄は、つかいやすさ抜群です。
多色づかいゆえに、コーディネイトの色合わせ可能域が広く、シンプルスタイル派のアクセント役になってくれるはずです。

 

151112j

こちらもエクストラファインメリノ。
半分でカラー切り替えのボーダー柄で、巻いた時に味わいが出てくるおもしろい柄です。

 

151112k

151112c

感覚的に “スカーフ” という呼びたくなるくらいのやや薄地です。
適度な遊びごころで、より上品な印象です。

 

151112l

こちらはカシミア混の、『マフラー』 と呼びたくなるタイプ。
リバーシブルで同じ色をトーンで違えて、巻き方次第で見え方が変わってくるという、こちらもちょっとした面白味を備えたモデルです。

 

151112e

151112g

151112d

しっかり二つ折りにして単色無地の見え方で2色分楽しみつつ、ねじりながら2色同時のミックスづかいもなかなかです。
『柄よりも色!』 という人は膝を叩いたはず。

 

Johnstons of Elgin – Wool Check Scarf
col : Multi
price : 11,000 (+tax)

Johnstons of Elgin – Wool Border Scarf
col : Red / Yellow
price : 11,000 (+tax)

Johnstons of Elgin – Wool Cashmere Scarf
col : Blue / Red / Beige
price : 13,000 (+tax)

 

マフラーをたくさん持っていても、結局こればかりつかっている、、
ということは多いと思いますが、それがどういうものかと見てみると、単純に、肌触りが好いなどの品質の部分で優れていることが多いと思います。

ジョンストンズのスカーフは、巻き物類の数が増えすぎたと思っている人にほどおすすめしたいアイテムで、このあたりを一つ二つ持っておくと、この次からのセカンド、サードチョイスがしやすくなるのではないかと思います。

そろそろ、スカーフなりマフラーなり、巻きたい季節ですね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151110f

BASISBROEK の新型コート、Vilton はすっきりシンプルなチェスターコートです。
ラグランスリーブというポイントが BASISBROEK らしいアレンジです。

 

151110d

151110c

151110b

151110e

しっかりと着丈があって、ラグランで、シンプル。
シルエットも標準的なものなので、バランスも好く、いろいろな意味で着やすさがあると思います。
さっぱりすっきりのコーディネイトはもちろん、個性的なアレンジを利かせたスタイリングでも威力を発揮するコートではないでしょうか。

 

BASISBROEK – Vilton
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 26,000 (+tax)

 

151111d

つづいてが、3年連続3度目の出場、Honnete の Soutien Collar Coat。
一見シンプルですが、斜行する前合わせ、リブ仕様の袖口、襟まわりの雰囲気など、実はけっこう個性的なコートです。

 

151111b

151111c

151111a

151111e

151111f

なんとなく感覚を刺激するような感じがして、かっこよさとおもしろさを兼ね備えているような印象を受けます。
意外と一般的でないバランスがまた心地好く、フランスのメーカーがつくることで自然と湧き出るようなニュアンスも感じるとることができると思います。

当初からネイビーをセレクトし続けているのですが、昨年は青味の強いネイビーだったところが今年は逆に青味の希薄な濃紺になっています。
機能素材の ThermoLite が入るので、防寒性能も上々です。

 

Honnete – Soutien Collar Coat
col : Navy
size : 2 / 3
price : 42,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

151109d

昨年にひきつづき、スコットランドの Glenugie のドネガルニットが入荷しました。
クラシックでありつつ、なにかポップな感じもあって、今の気分的にもちょうどよく感じるセーターです。

 

151109a

151109b

151109c

ネップが混じるドネガルヤーンを用いたセーターは、ほどよい変化があるためにシンプルに着ることができます。
そして、年齢、性別、趣向などを問わないクラシックアイテムの懐の深さも同時に感じることができると思います。

 

Glenugie – Donegal Crew Neck Knit
col : Swilly / Sheridan / Sheelin
size : 36 / 38 / 40
price : 18,500 (+tax)

 

151106m

Ordinary fits の新作パンツ、Truck Pants。
通年のイージーパンツという、ありそうで意外とないところを突いてきました。

 

151106d

季節感のある素材を使い、わかりやすいシーズンアイテムとして展開されがちなイージーパンツを、標準的な生地厚の通年アイテムとして提案しています。

ウエストがゴム入りで、ドローコード付き、太すぎずに適度なゆとりをもったクロップ丈という仕様です。
ソックスを見せてサンダルと合わせたり、ブーツと合わせたり、もはやクロップドのパンツは通年のアイテムと言っていいでしょう。

 

151106f

ファブリックはまず昨春夏シーズンでも目にした三子糸をつかったブランドオリジナルのチノクロス。
色糸を細番手の3本撚り+グレーの太番手の糸という織り合わせによる生地となり、丈夫でしなやか、さらにグレー糸の効果で独特の陰影のある発色をするという魅力的な生地となります。

 

151106c

グレイッシュなテイストが入り、色味が少し弱くなるために、ベージュでもネイビーでも絶妙な中間色に落ち着いています。

 

151106j

同じモデルでバックサテン生地のタイプ。

 

151106k

粗めの織りでネップ感もあり、表情豊かな生地です。
グレーということもあって、一見すると杢グレーのスウェット地かとも思いますが、ジャージーではなく布帛の生地ですので、パリッとしています。

チノもバックサテンも穿いて楽ちん、色合い的にコーディネイトもしやすいということで、実用的に使いまわせるのではないかと思います。

 

Ordinary fits – Truck Pants *Chino
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 14,000 (+tax)

Ordinary fits – Truck Pants *Bacl Satin
col : Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 14,800 (+tax)

 

151108a

もうひとつ新作で Barista Shirt のシーズンもの。
けっこう厚手のコットンネルとなります。

 

151108b

ちょっとアメリカな感じもする質感と柄が新鮮です。
しかし色合いはブラックウォッチを彷彿とさせ、落ち着いてシックな印象です。

 

Ordinary fits – Barista Shirt *Flannel
col : Navy*Green
size : 1 / 2 / 3
price : 14,000 (+tax)

 

151107a

arbre からも新作パンツが届いています。
ヘビーコーデュロイの重厚感のあるパンツは、こちらもクロップド丈で、裾ダブル。
スラックスが arbre のメインプロダクトであるのに対し、こちら側はデザイナーの石原さんの個人的趣向が入ってくるカジュアルラインです。

 

151107c

とは言っても arbre 製品を愛用する人々が抵抗なくタッチできるよう、きれいなシルエットでバランス好く仕上げられています。
素材感やディテールなどがややいつもより重く、よりカジュアルな方向を向いているということが言えると思います。

 

151107b

黒のブーツなどよく合いそうですし、多少ごつい革靴もバランス好しではないでしょうか。

大人の秋冬はコーデュロイだなぁと思わせてくれるグッド・プロダクトです。

 

arbre – Heavy Corduroy Cropped Pants
col : Dk Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

着るものが難しい時期ですが、そういう時期こそ、洒落人は輝きますね。

 

LINEで送る

Gloverall – Duffle Coat.

151105l

Gloverall のダッフルコートが入荷しています。
Fuzz では毎シーズン恒例の大定番アイテムです。
何かおすすめのコートは?と訊かれたら、毎年同じように一番手でおすすめしている絶大な信頼を寄せるアウターです。

 

151105k

151105e

今年はシンプルにブラックとネイビーでいきます。
クラシックなアイテムの中でも大定番と言える色となりますが、ここは外さずにど真ん中でいいところではないかと思います。

 

151105b

151105c

151105d

151105g

ダッフルコートならでは仕様がしっかり備わります。
裏チェックのダブルフェイス・ウールメルトン生地が使われ、一体のフードが付いて、チンストラップが付いて、水牛のトッグル、胸ヨーク、袖のストラップ、、
きわめてオーソドックで、基本通りのディテールです。

そして、もう一点指摘しておくポイントが、シルエットの美しさです。
ダッフルコートというアイテム自体が、本来はオーバーコートという種類のアイテムであるため、身まわりもアームホールも袖も、それなりにゆったりしているのが常でした。
このモデルは、もうずいぶん前になりますが、Gloverall のそういったクラシックモデルとは別ラインとして、アパレルファッション向けにパターンが引かれ、すっきりと着れるフォルムとなっています。

その分、ジャケットの上から羽織るとなるとちょっときつい、、という現象が多くなりますのでお気を付けください。
このモデルを長年展開していますが、はっきりサイズを上げて、ジャケット対応にするという人もけっこういらっしゃいます。

 

151105a 151105i

冬アウターでゼロからお迷いの方は、まずこれをおすすめします。
また、他にもいろいろな種類の冬アウターがありますので、目移りして混乱して決められなくなった方にもこれをおすすめします。

 

Gloverall – Duffle Coat
col : Black / Navy
size : S / M / L
price : 60,000 (+tax)

 

今年も納品されて箱から出して、“やっぱりいいなぁ” と感じました。
定番と謳われるアイテムには相応の内容が伴っています。
是非、体感してみてください!

 

LINEで送る