Le Laboureur – Classic French Jacket.

151022i

Le Laboureur のジャケットが久しぶりに入荷しました。

モールスキンのインクブルー、おなじみの “フレンチワークジャケット”。
Fuzz としては最も付き合いが古く、最もなじみのあるメーカーである Le Laboureur (以下ラブルール)を久しぶりに店頭に並べることができて、僕個人としても感慨深いものがあります。
ずっと機会を探っていたのですが大人の事情で叶わず、4年近くが経った今季、ようやく念願が叶いました。
また今後は Fuzz 的超重要アイテムに指定していきたいと思っておる次第です。

 

151022d

カバーオール型、内ポケット1つを含む4つのポケット、コットンモールスキン。
ハードな環境にも耐えうるようにと、ワークウェアでよく見られる2本ステッチ、3本ステッチが多用され、生地の頑丈さと合わせて、途方もないタフさを誇るのがこのジャケットの特徴の一つです。

 

151022f

151022g

このタフネスがあるからこそ、長い年月にわたって着ることができて、着た人がつくりだすエイジングという魅力が後からついてきます。
モールスキン+レーンステッチは、本当にタフです。

 

151022e

基本的にはリアルなワークジャケットのまんまをインポートしています。
アームがぼってりしていたり、一般的にはファッショナブルなアイテムとはなかなか言いにくいようなジャケットですが、それでもフランスのクラシックなアイテムとして、『ファッション的に』 一定の評価を受けていることは周知の事実です。

サイジングやクオリティを厳しく追及せず、半分はカルチャー目線の視点で楽しんでいくようなアイテムと言えるでしょう。

 

151022b

実用的な観点から言えば、コットンの一重(ひとえ)のジャケットは、実用的にも使い勝手がよいです。
シャツの上からひょいと羽織るのもいいですし、生地にこのウエイトがあれば、インにニットを着ても釣り合い的に不自然ではないです。またインナーに薄いダウンを着たり、この上からオーバーコートを羽織ったりして、冬に入ってもけっこう活躍できるのです。

 

151022c

妙に仰々しいこのラベルも昔から変わっていませんね。

 

151022a

どう着るというルールはありませんし、どう着ても 『なんかアリ?』 と思えてしまうので、果敢にいってくださいというのが僕からのアドバイスです。

どうしてもと言うなら、昔から僕はこういうイメージで見ています。
~グレーのスラックス+スプリングコートのスニーカー、あるいはパラブーツの革靴。
~アースカラーのタートルネックセーター+イングランドのゲームバッグ。
~オリーブの軍パン+ブラックのどっしりした革靴。

まあ、なんだっていいんです。
結局僕は普通にデニム穿いてシャツ着てこいつを羽織ることがほとんどです。

 

Le Laboureur – Moleskin Work Jacket
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

151022h

何年の付き合いになるか、My ラブルールです。
数えきれないほど水洗いしているので、生地はずいぶんと柔らかくなっており、アタリもそれなりに見られます。
この時は胸ポケットにラベルが付いていました。

ラブルールのジャケットを羽織るようになると、文庫本はポケットに入ったままになることが多く、『文庫事故』(※) がしばしば起こります。

※文庫事故
読みかけの本を家で読んで置き忘れたり、また使うバッグを替えた際などに、通勤時の電車内で手元になく読めないという本読みには深刻な事故。

例えば、この世にリップクリームが無くなってしまったら、僕は数日後にオバQみたいな唇になって死んでしまうでしょう。
同じようにラブルールのジャケットが無くなってしまったら、今からの時期、僕は頭の中が真っ白になって死んでしまうでしょう。

リップクリーム、文庫本、ラブルールのジャケットは、僕にとって生死にかかわるほどの重要アイテムです。

ということで、ラブルールのジャケット、興味のある人は是非是非お手にとってみてください。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151020f

arbre の定番テーラードジャケット、圧縮ウールファブリックのモデルが入荷しています。
この型とこの素材の組み合わせでは、ブランド定番として継続して展開されており、arbre の秋冬期の大定番アイテムと言っていいようなブランドを代表するアイテムです。

 

151020e

段返り3つボタン、パッチポケット、センターベント、袖裏付き、
標準的なスペックで特に奇をてらうことをしていません。

ボイルして目を詰まらせた圧縮ウールも、面(つら)はたいへん上品できれいです。

 

151020d

素材感、縫製、仕様やシルエットを含めたトータルデザイン、そしてコストパフォーマンスまでを含めて、トータルで堅実なジャケットであると言えるのではないでしょうか。

あまりきちっとしたジャケットは着ないけど、、という人には、『1着持っていると便利ですよ』、
基本がジャケパンスタイルの人には、『レギュラーで気を遣わずに使いまわせる適度なジャケットですよ』 という感じで、どちら側にも説得力をもっておすすめできると思っています。

 

151020g

arbre – Tailored Jacket *Boiled Wool
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

151018a

Au Garcons からは、先日ご紹介したジャケットと同素材によるパンツが届いています。
コットンモールスキンでオールド感のあるワークパンツ。 やはり雰囲気があります。

 

151018c

151018b

太からず細からずのシルエットで、ブラックで、ワークパンツ。
これが意外とないところで、穿いてみるとやはり新鮮です。
実際、既に店頭でも好評をいただいております。

 

151018e

Au Garcons – Moleskin Work Pants
col : Black
size : XS / S / M
price : 19,000 (+tax)

 

151021b

今年もやります、Blundstone。
昨年同様、ブラックとダークブラウンの2色での展開となります。

 

151021a

Blundstone は、オーストラリアのタスマニアのメーカーです。
こちらはワークブーツというくくりになり、しかも底付けは縫い付けではなく、ダイレクトにラバーで繋いでいますので、一般的な革靴のジャンルでもないような、独特な立ち位置のブーツです。

いずれにしても、トラッドなアイテムではないので、カジュアル使用がほとんどになると思います。
レザーには強いコーティングが施してあり、またアッパーとアウトソールがダイレクトに接結している構造上、雨雪の際の悪路で無類の強さを発揮します。
ウェザーシューズとして割り切ってしまっても充分に価値が高いシューズではないでしょうか。

 

Blundstone – Side Gore Boots
col : Black / Dk.Brown
size : 6 / 7 / 8 / 9
price : 23,000 (+tax)

 

151019a

SAINT JAMES の OUESSANT、新色が新たに2色、届きました。
アースカラー系でこれまでも登場したことのないまったくの新色です。

 

151019b

SAINT JAMES – OUESSANT
col : Tourbe*Dune / Hazel
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

ウェッソンは途切れずに買っていただいているため、はやくはやくという感じです。
前発注の分としては残り1色を待つのみという状態ですが、在庫薄になってきているので、メーカー在庫も探ってみようと思います。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151017k

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
毎シーズン展開している定番モデルですが、秋冬シーズンは素材のチョイスが幅広く、毎年楽しませてくれるのが常となっています。

今年の秋冬は、イギリスのテキスタイルメーカー “Thomas Boyd & Son” のウールファブリック。
さらに仕様変更と言いましょうか、総裏の二重仕立てということになって、かなり “しっかりなジャケット” という様相となっております。

 

151017l

上品に起毛した秋冬らしいトラッドな生地感。
『いい生地』 な雰囲気がとてもよく伝わってきます。

 

151017h

『いい生地』 を気負いなく、気楽なカジュアルで羽織るのが Yarmo のドライバーズジャケットの真骨頂です。
ワークジャケットが持つ気安さと、グッド・ファブリックが持つ上品さ、本格感を合わせることで、なかなかない絶妙なバランスのジャケットになっているのです。
これだと堅苦しすぎる、これだとラフすぎる、というふうにジャケットを探していて、これくらいがちょうどいい、ということになりやすいのがこのドライバーズジャケットなのです。

 

151017c

そして、長年見てきたなかで初めて見ることになりました、総裏のドライバーズジャケット。
これまでは一重が当たり前で、それがカバーオール感というか、ラフにひっかけるワークジャケット感につながっていたように思うのですが、しっかり二重にされることで、やはり気分は引き締まります。

二重仕立てのドライバーズジャケットということで、またこれまでとジャケットとしてのバランスが違ってくると思いますので、是非改めて評価していただきたいと思います。

 

151017d

151017i

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Grey / Loden
size : 38 / 40 / 42
price : 29,000 (+tax)

 

151016b

Pyjama Clothing からは定番の3ボタンカーディガンがようやく届きました。
いつものカットソーと同じ生地による薄手コットンのカーディガンは、手軽でかさばらず、便利に使え、毎シーズン人気のアイテムとなっています。

この生地ならではの生地感がカーディガンとの相性が好いのだと思います。
僕個人としては、普通にシャツの上から着るのがもっともエレガントであるように感じています。
シンプルベーシックのアイテムなので、思い思いの使い方で活用していただければと思います。

 

151016a

Pyjama Clothing – Cotton 3B Cardigan
col : Black / Navy / Dry Leaf  / New Sable / Blue
size : S / M / L
price : 8,800 (+tax)

 

みるみる秋が深まる時期になり、服飾業界でいえば、いよいよトップシーズンに突入という感じでしょう。
陽ざしは心地よく、食べものはうまい、スポーツとファッションは盛り上がり、文句なしでとてもいい時期です。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151013h

Universal Works の新作パンツが入荷しました。

ブランド定番の Aston Pant のモデルで2タイプ、どちらも素材感が魅力的、プラス、コーディネイトのしやすさを感じてセレクトしました。

 

151013b

織柄のあるチャコールの方は、コットン素材で一見していい雰囲気。
Universal Works 的にも、Fuzz 的にも、昨年の好評を受けての継続です。

 

151013a

ただ者じゃない感と、合わせやすさ、使いやすさを兼ね備えた、全員におすすめできるようなタイプのパンツです。
微かな起毛感が肌触り好く、色合い、生地感はいろいろな意味で気を遣わないで済むような絶妙さがあります。

 

151013c

それぞれの思惑、それぞれの着方で、いろいろな人に手を伸ばしてほしいと思います。
このシーズン、このパンツはけっこうエース級の位置づけです。

 

151013g

もう1型はウール系です。
前述のパンツもそうなのですが、こちらもイタリアのテキスタイルメーカーの生地を使っています。

こういった雰囲気のウール生地をカジュアルなパンツに使うというのは、意外と日本では見られないような気がします。

 

151013e

ブラックのブーツと合わせて男っぽく武骨にいくのもいいでしょう、
オフホワイトのタートルネックのニットを着て、軽く、ふんわりした着こなしもよさそう、
いろいろなイメージが湧くのは、魅力の証です。

151013d

実はパンツアイテムこそ、海外ブランドならではのニュアンスの違いがあり、替えの利かない魅力があると思います。

正直を言えば、パンツというアイテムは、コスト的にも、フィット的にも、あらゆる面で違う感覚でつくっているなと感じることが多く、実際日本のブランドの方がいろいろと都合がいいと僕は思っているのですが、逆にだからこそ、日本のブランドには出せない魅力がポンと出ることがあるような気がします。

Universal Works、Oliver Spencer では、そういった、“ならでは” の、独創的な魅力のあるものに限定して狙っていきたいと思っています。

Universal Works – Aston Pant Cotton
col : Charcoal
size : 28 / 30 / 32
price : 23,000 (+tax)

Universal Works – Aston Pant Wool
col : Charcoal
size : 30 / 32 / 34
price : 25,000 (+tax)

 

151015h

arbre からもパンツアイテム。
おなじみの定番スラックスのウールフラノVer. チャコールとネイビーの2色展開です。
こちらの方はスリム型のタイプのみでのご用意となります。

 

151015i

151015b

151015e

151015c

151015f

特に多くを語ることもありますまい。
シンプルかつベーシック、安心のスペックでひきつづきおすすめです。

arbre – New Basic Trousers – Wool Flannel
col : Charcoal / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

生産遅れ、僕のてんやわんや、いくつかの理由でここまで秋冬アイテムの投入が遅れがちでしたが、ようやく追いついてきたような気がします。
次々現れる新作を眺めているうちに、買うタイミングを失するというのはよく聞く話ですので、そろそろ機を見て Vin のモードに入ってOKだと思います。

それから、僕はまさに今やってしまっているのですが、夜中や明け方は涼しいより寒いというふうになってきたので、風邪にも注意が必要ですね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

151012b

Au Garcons の新作ジャケット。
オリジナルのモールスキンの素材感の好さ、“フレンチ・ワーク” の系統をしっかりたどりながら創るオリジナリティ豊かなデザイン、そして単純にポケットがたくさんあって便利、、、
そういう魅力。

 

151012a

151012c

151012e

着丈が長めで、前立てが少々斜めにカーブしていて、少し普通とは違うバランスにしてあります。また、上襟が立体的に反り返るのもあまり見覚えのない感じです。

ただならぬ雰囲気ありつつ、大げさにならないところでまとまっていると思います。

 

151012d

普遍性と独創性、相反するような2つの要素を同時に感じることができるのは、まさしく 『背景』 によるところでしょう。

背景を揺るがさずにしっかりさせてものづくりをするブランドではないとできない境地であり、また抜群の説得力をもっているように思います。

 

Au Garcons – Moleskin Work Jacket
col : Black
size : S / M / L
price : 28,000 (+tax)

 

151010e

SOUTIENCOL からは秋冬らしいフランネルシャツが新しく入荷しました。
インポート生地のシリーズで、今回はどちらも Canclini 製です。
色柄はいかにも SOUTIENCOL な雰囲気ですね~。

 

151010a

151010d

 

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE Flannel
col : Brown Check / Red Check
size : 1/ 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

151011a

遅れております SAINT JAMES の大定番 OUESSANT の新色。
まだ発注した分が揃っていない状態ですが、買いたい、着たいという時期まっさかりになっていますので、先に届いた分2色ご紹介します。

後からもう少し入ってきます。

 

151011b

 

SAINT JAMES – OUESSANT
col : Pin / Noir*Taupe
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

151009c

Pyjama Clothing からは今季新作となるモックネックの長袖カットソーが入荷しました。
ハイネックもののカットソーは注目度が高いので、このモデルも要チェックでよろしくお願いします。

 

151009a151009d

 

Pyjama Clothing – Mock Neck Long Slv.
col : Black / Navy
size : S / M / L
price : 6,300 (+tax)

 

秋冬商品の入荷続々、まだまだ続きます!

 

LINEで送る