New Arrivals.

160211a

Kei Macdonald のコットンリネンの春ニットです。
上品な色づかい、素材づかいは Kei Macdonald ならではの魅力。爽やかな気分で身につけたい春のニットは、爽快な雰囲気が大事です。

 

160211c

160211b

160211d

コットンのしっとり感とリネンのさっぱり感を適度に備え、アクリルを加えることによって強度と軽さをアップしています。見た目では分かりにくいですが、洗濯しやすいなど素材としては非常に気が利いています。
毛羽立ちがなく、しっとりさっぱり、清潔感のある着こなしが映えること間違いなしでしょう。

Kei Macdonald / Cotton Linen Crew Neck Knit
col : Ecru*Grey
size : S / M / L
price : 24,000 (+tax)

 

160210h

160210e

Universal Works からも新作入荷です。
ブランド発足当初から継続して展開されている Baker Jacket のモデルを久しぶりにセレクトしてみました。

カバーオールタイプで、素材はスタンダードなコットンツイル。
春と秋にこのコットン一重のジャケットは重宝します。

 

160210b

160210g

肩の部分のみ、裏地が付く仕様で、着やすくなっています。

 

160210a

何も気にせずラフに着てもよし、また、タイドアップのワークテーラード的なテイストも恰好いいです。Universal Works のジャケットは、なにげない感じで着て様になります。

Universal Works – Baker Jacket
col : Navy
size : XS / S / M
price : 27,000 (+tax)

 

160209i

FUJITO のシャツの定番モデル、”B. D. Shirt”、シルク混オックスで2色です。
隠しボタンダウン、ハンドでの袖付けが大きな特徴となっていて、シンプルなればこそ、できる限りハイレベルの品質を備えたいという考え方で展開されています。

 

160209h

160209b

160209a

僕自身も秋冬のチェックのものを買ってよく着ましたが、たいへん調子がよかったです。
袖付けが手縫い、またけっこう前に振って付けられているので、背中にダーツやプリーツの必要がありません。着る前、若干の心配があったのですが、まったく大丈夫でした。

アクションプリーツが無い分、シルエットにもすっきり感が増し、かといって絞りのきついシルエットではなく、クラシックなバランスを保っている点が好感が持てます。

 

160209f

毎シーズン、コットンオックスで展開するのが恒例のようですが、今季はこのシルク混の生地を見つけて 『これはいい!』 となったということです。

シルクが混じることによるネップ感というか毛羽立ち感というか、少々ザラッとした感じが入るのがいいです。素材の風合いを感じやすく、ベーシックアイテムにちょうどいい捻りになって、シンプルにこれ一枚で着るということもしやすくなっているのではないかと思います。

FUJITO – B.D. Shirt
col : White / Sax
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

160212r

初登場、TOMBAG のダッフルバッグをご紹介します。
ちょっと他と違ったタイプのバッグを探しているという人は必見です。

 

160212c

160212a

160212g

TOMBAG は、ダッフルバッグを専門につくるイギリスのブランドです。
創始者でもあるデザイナーの Stephen Caine が、自分のおじいさんがロイヤル・エアフォースで使っていたキットバッグ(道具入れの鞄)を見てインスパイアされ、このダッフルバッグをつくりはじめたというのがブランドの始まりです。

 

160212f

160212i

160212h

160212m

この仕様のバッグはヨーロッパでは古くから使われてきたもので、ミリタリーものでは今でもよく見かけます。非常にアナログなスタイルですが、最も間違いない仕様なのかもしれません。
大荷物を入れて背負うようなイメージが強いですが、今回のこのモデルはファッション向けということもあり、日常街づかいに相応しいようなサイズ感です。

ベルトの付け方や口の閉じ方をアレンジして、自分なりの使い方を探したくなるようなつくりをしているのも魅力的です。
持ち方も、普通に片肩でかつぐ、斜めにきつく掛けてボディバッグのように、または斜めに緩く掛けてショルダーバッグのように、さらにグリップして手提げ、ベルトを付け替えてトートバッグのようにも使うのも無しではないでしょう。

 

160212n

160212o

160212p

160212q

ファスナーは外ポケットではなく、内部にアクセスするためのものなので、常に口を開く必要はありません。サイズも中くらいでそれなりに容量もあり、トータルで考えても実際の使い勝手はかなりのものだと思います。

何やらありきたりでない雰囲気が満載で、実用性も汎用性も高く、さらにイギリスの品でクラシックなものでもあると。
定番、定型に倦んでいるという人には特に強くおすすめしたいバッグです。

TOMBAG – Canvas Duffle Bag
col : Lt.Beige / Green / Black
price : 19,000 (+tax)

 

他にも恒例の入荷があります。
シーズン毎のおなじみアイテム。冬のウールから春のコットンへシフトです。

160213b

160213a

LEUCHTFEUER – Cotton Knit Cap
col : Black / Charcoal / Lt.Grey / Denim / Beige / Khaki
price : 2,800 (+tax)

 

160214c

160214b

LOCAL ROOTS – Cotton Rib Socks
col : White / Beige / Ice / Olive
price : 1,700 (+tax)

 

160214a

LOCAL ROOTS – Cotton Rib Short Socks
col : White / Beige / Ice
price : 1,400 (+tax)

 

定休日の前日ですが、新作入荷が混んできたのでご紹介しました。
いろいろと入ってきましたので、これからさらに楽しくなっていきそうです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

2月16日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、2月17日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

In My Head.

tea20160214a

次の秋冬期に向けた発注で悩みすぎ、頭の中でチリチリと音がすると思ったら、両耳からゆっくりと煙があがる。
しばらくすると、店内の火災探知機がその煙を感知して、消防車が駆けつけ、僕は事情を説明するのにたいへんな労苦を要した。

 

・ ・ ・ ・ ・

生暖かい風が吹き、ちょっと気持ちの悪い陽気ですが、冷え込みがないのはやはり新鮮な気分にしてくれますね。
ここのところはみなさんの買い物を見ていても、春への意識が強まってきたなと感じていたので、これでその傾向もより一層強まるような気がします。

春の新作、けっこう届いてきているので、今後も粛々とご紹介していきます。

・ ・ ・ ・ ・

同時に次の秋冬の展示会廻りも行っていて、既にけっこう見てきたのですが、ここまでの段階で、コートがかなりいいものが多いなという感触です。
僕は、来年は Universal Works の Top Coat を手に入れようと決めているのですが、他にもコートアイテムでいくつも候補が出てくる状況になっていて、自分の買い物で悩みながらとてもワクワクしています。

こうなったらいいコートをたくさん集めてしまおうと、来秋冬はテーマとして 『コート』 だと、今は考えています。
ですから、みなさん、来年は(来年も)是非コートを新調しましょう!

・ ・ ・ ・ ・

世界的に株式市場が壊れ気味のようで、いったい世界の経済、日本の経済ってどんな状態なのだろう。景気がいいとか悪いとか、短いサイクルで、聞く度に違うような気がするのですが、、
グローバル化というのは、実際我々にとってどれだけハッピーなのだろうとか、商売をやっている身ということもあり、いろいろと考えてしまいます。
(TPPのことなどまさに!)

何事にもいいことがあれば悪いこともあるもので、広く、複雑につながっていくことで危なっかしくなっていくことも多々あるような気がします。
身近なところで言うと、電車の相互乗り入れが複雑になってきて、便利になった反面、トラブルの影響を広く受けるようになり、また何よりもトラブル後の回復にずいぶん手間取るようになっているように思います。

普段便利になったのだから仕方ないと納得はできるのですが、その便利とこの不便、どうなのだろう、両方セットと考えると、現場の人たちに苦労させながらこれを生み出す必要はどれだけあるのだろう、とか。
しかし、資本主義はそういう原理で前進し、栄えてきたのか。

最近はニュースみたいなテレビしか見なくなったせいか、小難しいことを考えるようになってきて、まあでもこれが健全なる中年化かとも納得しています。

しかしテレビと言えば、先日の報道ステーションの吉田拓郎の対談、よかったですね。さすがに僕は世代ではないのですが、充分面白かったです。古館さんは政治や経済は弱いかもしれませんが、やはり文化面では腕っこきだと再認識しました。

・ ・ ・ ・ ・

 

消防署の方への説明を終え、とりあえず煙の出た頭を冷やそうと外に出ると、突然空腹を覚え、道向かいのラーメン二郎へ半年ぶりに足を踏み入れる。
そしてその翌日の夕方まで、自分のGeppにうんざりする。

 

LINEで送る

SANDERS – Military Derby Shoe.

160208b

SANDERS、Military Derby Shoe が今シーズンも入荷しました。
おなじみのポリッシュレザーブラックに加え、今シーズンはバーガンディも揃えました。

 

160208g

160208c

160208h

160208f

——————————-

アッパーレザーは鏡面仕上げのポリッシュレザー、アウトソールはダイナイト(正確にはイギリスのITSHIDE社製コマンドソール)、底付けはグッドイヤー製法、外羽根式(ダービーシューズ)、3本レーンステッチのストレートチップ(キャップトゥ)、ヒール外側にクラウンの刻印 (ミリタリー・コレクション限定です)、別途でオリーブのシューレースが付属、、

正統なドレス靴の佇まいでありながら、軍用仕様のスペックを持つために無骨な部分も兼ね備え、結果的に、オーソドックスの範囲内であるのに他では真似のできない絶妙のバランスである、というのがこのモデルの大きな魅力です。

——————————-

完全なドレス靴とは違う、かといって完全なカジュアル靴とも違う、というミリタリーコレクションならではのバランスが非常にうまい具合です。

タフなので仕事用で、いやこれはビジネスでなくカジュアルでしょう、いやいやオン・オフ兼用でいけますよ、、、
いろいろな人が愛用しています。

 

160208j

160208e

160208a

我らが定番として、年齢・スタイル層を問わず、多くのみなさんにおすすめしたいと思います。
本格靴の入門としても調度好いのではないでしょうか。

SANDERS – Military Derby Shoe
col : Black / Burgundy
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

160205b

SAINT JAMES の定番バスクシャツ OUESSANT、2016年春夏シーズンの分が揃って入荷しました。
定番カラーのリピートも含め、単色無地4色+ボーダー4色、合計8色が追加されました。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々が
ある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある、肉厚のコットン地、
バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖、
大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、
というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

 

160205a

迷ったらこれという 『エクリュ・マリン』(生成×ネイビー)、次に迷ったらこれという単色の『グリス』(杢グレー)、『ネイビー』、この3色を中心に、今季は手堅いと言いますか、ベーシック系のカラーリングで揃えてみました。
ただ、ベーシック、地味、とは言っても、春らしい爽やかさが感じられるようなイメージはしています。パンチの強い色ファンのみなさんには申し訳ないですが、今シーズンは実用的なウェッソンでお願いいたします!

 

160205c

通年定番アイテムと位置づけてはいますが、やはり本番は春の時期だと思います。
“気分アイテム” という性格も多分にあると思いますので、新しい季節を感じたら、気持ちよく着ていきましょう。

着こなし方に関しては、細かなことよりも “気持ちよく着る” が勝るアイテムなので、好きなカラーを気分よく着たらそれがベストスタイルになると思います。

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

春シーズン開幕の勢いをつけるために、ちょっと早いかもしれませんがウェッソンに登場してもらいました。
ブランドも春が勝負だと思っているのか、秋よりも入荷が順調で助かります。

ということで、自分的な春の一歩を踏み出そうと思ったタイミングで、是非ウェッソンを。

 

LINEで送る