Gloverall – Duffle Coat.

151105l

Gloverall のダッフルコートが入荷しています。
Fuzz では毎シーズン恒例の大定番アイテムです。
何かおすすめのコートは?と訊かれたら、毎年同じように一番手でおすすめしている絶大な信頼を寄せるアウターです。

 

151105k

151105e

今年はシンプルにブラックとネイビーでいきます。
クラシックなアイテムの中でも大定番と言える色となりますが、ここは外さずにど真ん中でいいところではないかと思います。

 

151105b

151105c

151105d

151105g

ダッフルコートならでは仕様がしっかり備わります。
裏チェックのダブルフェイス・ウールメルトン生地が使われ、一体のフードが付いて、チンストラップが付いて、水牛のトッグル、胸ヨーク、袖のストラップ、、
きわめてオーソドックで、基本通りのディテールです。

そして、もう一点指摘しておくポイントが、シルエットの美しさです。
ダッフルコートというアイテム自体が、本来はオーバーコートという種類のアイテムであるため、身まわりもアームホールも袖も、それなりにゆったりしているのが常でした。
このモデルは、もうずいぶん前になりますが、Gloverall のそういったクラシックモデルとは別ラインとして、アパレルファッション向けにパターンが引かれ、すっきりと着れるフォルムとなっています。

その分、ジャケットの上から羽織るとなるとちょっときつい、、という現象が多くなりますのでお気を付けください。
このモデルを長年展開していますが、はっきりサイズを上げて、ジャケット対応にするという人もけっこういらっしゃいます。

 

151105a 151105i

冬アウターでゼロからお迷いの方は、まずこれをおすすめします。
また、他にもいろいろな種類の冬アウターがありますので、目移りして混乱して決められなくなった方にもこれをおすすめします。

 

Gloverall – Duffle Coat
col : Black / Navy
size : S / M / L
price : 60,000 (+tax)

 

今年も納品されて箱から出して、“やっぱりいいなぁ” と感じました。
定番と謳われるアイテムには相応の内容が伴っています。
是非、体感してみてください!

 

LINEで送る

New Arrivals.

151104b

Yarmo の Donkey Coat が今年も入荷してきました。
今年はブラック1色での展開となります。

 

151104a

151104c

151104d

151104e

151104f

上質なウールメルトンのシェルに中綿キルティングのライニング、大きくカールした襟、胡桃のボタン、すっきりしたアーム、、
などが特徴の、“個性的なデザインだけどどういうわけか着やすい” コートです。
ほどよくエッジが利きつつ、トータルでのバランスが優れているのだと思います。

さまざまな影響でプライスが上昇はしていますが、為替レートを換算して、ただ指を加えて新しいプライスを付けた訳ではなく、こういう機会に生地やリブのグレードアップを図ったようです。
毎年展開しているので分かりますが、生地がまた少しよくなり、リブが滑らかになっています。

 

Yarmo – Donkey Coat
col : Black
size : 38 / 40 / 42
price : 38,000 (+tax)

 

151103d

 

arbre からは新作のテーラードジャケット。
きれいなウールニットジャージの厚手冬ジャケットです。

 

151103c

 

151103e

151103a

151103b

軽くて伸縮性のある生地なので、着やすさがあり、厚みの分だけ保温力を備えます。
美しい杢調のミディアムグレーはコーディネイトしやすく、トータルで見ると、やはり arbre のジャケットらしくシンプルで実用性が高いジャケットに仕上がっていると思います。

気軽にデニムと合わせて、大人のカジュアルジャケットとして、いかがでしょう。

arbre – Tailored Jacket *Air Wool Jersey
col : Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

LINEで送る

comm. arch. – Wool Knitwear.

151102a

新登場ブランド、comm. arch. をご紹介します。

●comm. arch.
2014秋冬から Joe Mc のディレクションによりスタートしたメンズニットウェアブランドです。日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されています。素材、作り、プロセスにこだわり、全てが “Fully Fashioned” (成型編み) された、心地よく長く着られるニットウェアを作っています。comm.arch. のニットウェアコレクションは、いわば日本の “BORN KNITTERS” の集大成ともいえます。

ということで、国内のニットブランドです。
デザイナーの Joe Mc 氏は実は日本人で高橋さんと言いますが、セントラル・セントマーチンズ美術大学でニットの勉強をしていたという経歴の人物です。 そのイギリス留学時代のニックネームが 『ジョー・マック』 だったということです。
ヨーロッパで某ブランドのニット部門でデザインを担当したり、日本に戻ってセールスの仕事に方にまわったりと、いろいろな職歴を経て自らのブランドをスタートしました。

流行をほどよく取り入れつつ、基本的な立ち位置はベーシック系のクオリティ重視です。
素材やデザインの、日本のブランドならではの気の利き方に注目していただきたいと思います。

 

151102b

ワッフル編みのヘンリーネックセーター。

ワッフルなのでそれなりに厚みが出て、かなり暖かそうです。
ネックのスタイルがセーターでヘンリーというのも非常に新鮮です。

 

151102c

151102d

151102e

素材がバルキーで軽いのが特徴という南米ウール。
写真では伝わりにくいですが、これが軽くてソフトな編地になっています。
実際に暖かいということと、編地やヘンリーネックというちょっとしたひねりが利いていて、シンプルのなかでの面白さをもったアイテムではないかと思います。

 

comm. arch. – Waffle Knit Henry Neck Pullover
col : Coalmine
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

151102g

つづいてが Middle Neck Pullover。
メリノウールを素材とした肌触り抜群のやわらかな畔編みニットです。

ニュージーランドの山岳地帯で飼育されている高品質メリノウール、いわゆる “スーパーファインメリノウール” を素材とする、ごわつきのない、なめらかな肌触りのセーターとなります。

151102i

『ミドルネック』 となっていますが、着てみるとそれなりの高さがありますので、ハイネックと言っても間違いではないと思います。

タートルネックのロールして折り返す仕様でなく、はじめから二重のつくりにしていて、着込んでいっても伸び、ヨレを最小限にしたいということを意図しています。

 

151102l

151102f

素材がメリノなので繊細でやわらかい、ネックが二重のつくりである。
シンプルなデザインのベーシックなアイテムなので、ポイントがはっきりしています。
シンプルでいいモノ派のすべてのみなさんにおすすめです。

comm. arch. / Middle Neck Pullover
col : Blackout / Navy Jack
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

Fuzz では Knitchy、kei Macdonald につづく第3の国内ニットブランドです。
歴史を感じるようなトラッド系、クラシック系セーターはイギリス、フランスに任せ、国内ブランドに期待するのは、ちょっとした気配りや洋服としての新鮮さです。
どちらにも触れることで、双方の良さが引き立てば、というのが狙いなので、是非いろいろと物色してみてください。

 

LINEで送る

Universal Works – Vest, Coat.

151101i

Universal Works のベストとコートが入荷しました。
ウール素材で晩秋から冬を意識したアイテムです。

 

151101g

151101e

151101h

151101f

Chore Waist Coat は 得意ジャンルの Universal Works らしいベストのジャケット。
シンプルながらも意外な存在感があり、かつ便利な着まわしが利きそうです。

“Chore” とは、雑用とか、家事などの雑仕事を意味する語なので、そういうルーツのワークウェア系統のジャケットということになります。
僕としては基本的にオン・ザ・シティで着ることを前提にセレクトしているつもりですが、実際に庭いじりとか、山登りなどのアウトドアシーンで活用するのも大いにありだと思いますし、着方、使い方の幅が広いアイテムではないかと思います。

Barbour のハンティングジャケットや各種ミリタリージャケット、ミリタリーコートなどのインにさりげなく入れたら調子よさそうだなぁと、第一印象では思いました。

 

Universal Works – Chore Waist Coat
col : Navy
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

151101d

151101a

151101c

151101b

こちらが Top Coat。
一昨年にツイード地で同じモデルを展開しましたが今季はウールメルトンです。

シンプルなミニマルデザインでありながらも意外な存在感があるのは、このコートのルーツが50年代のレインコートから来ているからでしょう。
実際にデザイナーの David のおじいさんが所有していたということで、リアリティの部分がバックボーンにあるというのもポイントなのかもしれません。

先だってご紹介した M47 みたいな太い軍パンなどにすっと合わせたら格好よさそうですし、ドットのスカーフなどのアクセントを無造作に入れたりしたらグッと世界観が出てきそうですし、何にしても、難しいということでもないと思うのですが、独特の雰囲気を持ったコートであると思います。

 

Universal Works – Top Coat
col : Navy
size : XS / S / M
price : 50,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

(世間話)

毎年文化の日の頃には、“秋冬” のど真ん中に来たなと感じます。
東京の紅葉はもう少し先ですが、山々はずいぶんと色づいていることでしょう。

僕の出身地である埼玉県・東松山市では、この時期と言えば、紅葉を楽しみながら自然の中をひたすら歩くという 『スリーデイマーチ』 という催しがあります。
小学・中学の時には、この行事への参加と合わせて、学校行事としても歩くだけの遠足が毎年あったことを懐かしく思い出します。
場合によっては、学校で遠足として歩き、次の日は少年野球のチームでまた歩く、ということもありました。

当時はただただ面倒だったこの行事も、あれからずいぶんと年齢を重ねた今になると、できるならこちらからお願いして参加したいというふうに変わっていて、自分内・時の経過を感じずにはいられません。

ただ、現状、できないからしたいのであって、参加できるような時間の余裕がある場合には、この気持ちもまた変わってくるのでしょう。

人間には、そうなってみないと分からないことがほとんどである、という教訓めいたことが頭をよぎる、2015年の秋、文化の日。

先日、年若いお客さんとの世間話のなかで、『この間、ツイードジャケットを着て美術館に行ってきました』 という話を聞いた折、なんとなく感覚的に、『正しいな』 と感じました。
少し前にツイードのジャケットを買ってくれていて、そいつを着て、ちょっと観たい展示があったから行ってきたと。
服買って、公園近くの美術館に行く。
ああ、秋の浸り方として、たいへんに正しいなと思いました。

とくに自然の中へ出かけることをしなくても、身近で秋を感じて楽しめるようなことはたくさんあるのですから、ちょっとそれらしい行動をとることで、十分に感性は刺激されるのではないかと思います。

ツイードジャケットと美術館は、紅茶とクッキーとか、ワインとチーズなどと同じレベルで好相性ですね、などと喋り合いつつ、意外とやられたなと思っていた僕でした。

よし、そうしたら、年末までに春画展を観に行くことにしましょうか。

LINEで送る

Oliver Spencer – Jacket, Coat, Pant.

151030r

Oliver Spencer の新作入荷。
これで今シーズン分は勢揃いです!

 

151030d

151030a

151030c

151030e

151030f

はじめてとなるテーラード型ジャケット Portland Jacket。
テーラード型は体型を選ぶ要素が他のジャケットより強いと感じて、やや敬遠しがちでしたが、このジャケットを素通りすることは無理でした。

どうのこうの言うよりも、素敵、かっこいい、という一言で片づけた方がしっくりくるのが Oliver Spencer の洋服たちですねと以前に言ったか書いたかしたと思うのですが、このジャケットも全くその通りです。

 

Oliver Spencer – Portland Jacket
col : Grey
size : 36 / 38
price : 58,000 (+tax)

 

151030h

151030i

同じ生地のパンツもセレクトしました。
生地の魅力はもちろん、シルエットも細身でやりやすい感じですので、ユーティリティなパンツとして使えると思います。
上のジャケットとセットアップもいけます。

 

Oliver Spencer – Fishtail Trouser
col : Grey
size : 28 / 30 / 32
price : 27,000 (+tax)

 

151030k

151030j

151030l

シンプルなウールメルトンのボンバージャケット。
左袖のジップポケットが何やらモード的ニュアンスを感じさせます。
ロンドンのストリートのような薫りもありつつ、、、かっこいい。

しっかりウエイトのある冬ブルゾンです。

 

Oliver Spencer – Bermondsy Bomber
col : Navy
size : 36 / 38 / 40
price : 64,000 (+tax)

 

151030o

151030q

151030m

151030p

151030n

昨年もセレクトして好評だった Grandpa’s Coat。

昨年もツイード地でしたが、今年のツイードはまた別の生地となります。
腰のあるブリティッシュウールのツイードではなく、もっとソフトでしなやかなウール(たしかメリノと言っていたと記憶しているのですが、これは定かではないので公式にはしません)による、ごつくない、より上品なツイードです。

こうなるとフォーマルでもいけるような風情で、ダンディでありながらも男臭さだけを抜き取ったような、洗練されたかっこよさを感じさせてくれます。

 

Oliver Spencer – Grandpa’s Coat
col : Charcoal
size : 36 / 38
price : 66,000 (+tax)

 

それぞれ完成度が高く、洗練された雰囲気を持っているので、ディティールを掘り返したり、理屈で説明することが野暮に思えてきます。

こういう時は、リー先生が言うところの、Don’t think, feel !! の場面でしょう。

実際に、店頭で試着をして、買ったり、見送ったりしているお客さんを見ていると、確かにそういう感じがしてきます。
Oliver の服は、しっくりくるときには、本人が(だいたい見ている僕もそうですが)、ちょっと驚くこともあるくらい、着た途端に 『あ!』 となることが多いのです。
その分、期待と違ったということもあるのですが、しっくりくるのが強く、感覚的に分かるような気がします。
眺めている僕などは、たまに 『カチッ!』 という音が聞こえるくらいですから。

ということで、気になるものがあったら、ためしに試着してみてください。
『カチッ!』 という音が聞こえてしまったら、やりすごすのはなかなか難儀ですから。

 

LINEで送る